愉快な遍路旅

休日には時間をつくってはご縁のある小豆島に行きます。小豆島八十八箇所霊場を順番にコツコツとお参りしています。宗教的な動機ではなく、観光気分が多分に加味されています。
私は宗派は違うのですが、ご本尊様に合掌すれば心身の疲れを癒してくれ、さあ仕事を頑張るぞと気力をいただける気がします。
四国八十八箇所霊場は全国に知られていますが、小豆島は行程が四国霊場の約10分の1の手軽さですが、霊場はいずれも美しい自然の中に点在し、島とはいえ、岳あり、野あり、谷があり、中でも山岳霊場は奇岩に囲まれた静寂森厳な山峡にあって、静穏な安息を与えてくれます。

愉快な遍路旅

大坂城石垣石切丁場

島の東、岩谷地区に大坂城垣に使われた、石切り場が各所に見られます。その中でも巨岩が残ってる、天狗岩丁場を観る。 圧巻!!写真では迫力が映らないのが残念、人はチョコット、長辺17m短辺4.7m高さ10m、刻印○□福岡黒田家 […]

愉快な遍路旅

芸能人も寄進

杉良太郎、司葉子の寄進の石碑が並んでます、お参りで気が付くかな? 境内の鐘楼から、東港のエンゼルロードを観る。

愉快な遍路旅

41番仏谷山

ア・ウンの仁王が迎えてくれる。 山門までに、多くの寄進の石碑が並んでいます、信者の多さが伺える。

愉快な遍路旅

夏は水が恋し・大師の御水

西村のユースホステルを北へ入り200m、樹木に囲まれ薄暗いところに、枯れない湧水があります、26番阿弥陀寺の奥ノ院、冷たい澄んだ井戸、勺でいただく、旨い!!涼しいので蚊がぶんぶん、刺されないよう注意!!

愉快な遍路旅

隼山までウオーキング

坂手港より見上げる隼山の山頂、あそこまで約3km歩くぞ!! 3番観音寺の奥ノ院です。観音寺へ立ち寄りゆっくり、ゆっくり・・・四国の海と島々を見ながら楽しく。

愉快な遍路旅

坂手港・芸術祭作品のその後・・・

瀬戸内国際芸術祭2013の作品、その後を見るため坂手へ、壁画・ドラゴンミラーボール・たけしの古井戸怪獣、どれも現役のまま健在です。怪獣は新居に入っていました。

愉快な遍路旅

迷路のまち

土庄、古い家並みと、車も通れない路地。 狭い町をぐるっと一週、どこから見上げても”誓願の塔”が目に入る。